本会は神奈川県内で整骨院・接骨院を開設している柔道整復師約800名で構成された県内唯一の社団法人組織です。本会及び本会会員についての情報を掲載していますので隅々までゆっくりとご覧ください。
  • TOP
  • >
  • 覚えておきたい応急処置
 
覚えておきたい応急処置

応急処置 RICEとは?

安静(Rest)

無理に動かさずに、そっとしておきます。

冷却(Ice)

冷やすことで痛みを軽くし、内出血、炎症を抑えます。

圧迫(Compression)

弾性包帯、テーピング等を用い、出血と腫れを防ぐために圧迫します。

挙上(Elevation)

心臓より高くすることで、内出血を防ぎ、痛みも軽くなります。

以下に挙げるものはあくまでも応急処置です。
このような外傷または交通事故等によるケガの場合は接骨院・整骨院へ。
接骨院・整骨院をお探しの方はコチラからお入りください。

 

捻挫

関節をつなぐ靭帯や血管を傷つけた状態で、関節が腫れ、内出血で皮膚が変色したり、動かなくなったりします。

1.
冷水や氷嚢等で冷やし、包帯や三角巾で固定します。
2.
足や膝の場合は、体重をかけないようにします。
3.
患部を無理に動かさないようにします。
  • 寝違えやギックリ腰も捻挫に含まれる場合があります。
  • 氷を使って冷やす場合、直接皮膚に乗せずに、タオルなどを敷くようにしてください。
捻挫
 

打撲

強くぶつけたり、誤って物を落としたり、ちょっとした打ち身でもなかなか痛みがとれないことがあります。

1.
患部を安静にします。
2.
痛みや内出血を軽くするために患部を冷やします。
打撲
  • 軽く考えないで受診しましょう。
  • 氷を使って冷やす場合、直接皮膚に乗せずに、タオルなどを敷くようにしてください。
 

挫傷

運動中や運動後に、急に筋肉にしこりができたり、動かすと痛んだりします。筋肉の組織が切れ、その中の血管や筋繊維も切れて生じる症状です。

1.
直ちに水や氷で冷やします。
2.
手足の場合は、包帯等で患部を固定してください 。
挫傷
  • 氷を使って冷やす場合、直接皮膚に乗せずに、タオルなどを敷くようにしてください。
 

脱臼

関節がはずれることで、顎・肩・肘・指に良くおこります。

1.
包帯、三角巾で固定してください 。
脱臼
  • 絶対に無理に戻そうとしないでください。
  • 早急に専門の処置が必要です。
 

骨折

骨折の目安として

  • 腫れる
  • 形の変化
  • 皮膚の色の変化
  • 動かしたり、触れると激しい痛みがある
  • 動かせない
1.
患部を安静にします 。
2.
副子(添え木)を当てて固定します。
 
  • 副子は雑誌・段ボール・新聞紙等で代用できます。
  • 早急に専門の処置が必要です。
骨折
 
 
接骨院・整骨院に初めてかかる方

整骨院・接骨院で健康保険が使えるのは

急性又は亜急性の外傷性の骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷の施術

  • スポーツなどの反復動作によって生じた筋・腱の痛みの施術
  • 筋・腱の損傷の施術(肉離れ、腱の断裂)
  • 日常生活の諸々の動作による自家筋力による軟部組織・筋・腱の損傷の施術

 

受領委任の取り扱い

初診の際は必ず保険証を提示のうえ、療養費支給申請書に署名又は押印下さい 。

 

初診とは

  • 整骨院・接骨院に初めて受療する場合
  • 前回患者様が任意に施療を中止し、改めて受療される場合
  • 以前に整骨院・接骨院を受療したことはあるが、既に治療期間が終了した(治癒した)後に再び来院された場合

前回の症状が一旦おさまった、もしくは治療を継続していない場合、治癒とみなされます。
最終来院日より1ヶ月以上間隔があくと治癒したと判断されます 。